下眼瞼脂肪取り術

下眼瞼脂肪取り術

千里中央ゆみスキンクリニックの下眼瞼脂肪取り術は、皮膚表面に傷を作らず老け顔や疲れ顔を解消。
脂肪を適量だけ摘出するから術後の見栄えも安心

加齢とともに、目の下のふくらみ、たるみ、クマ、くぼみなどが気になってくる方は多くいらっしゃいます。これらの症状によって、「年齢よりも老けて見える」「疲れたように見える」といったお悩みが出てくるのです。
なお、主な原因の一つは、目袋(Baggy eyelids)と呼ばれる下瞼の皮膚のふくらみです。
眼球は眼窩内にある脂肪によって保護されていますが、眼球そのものの重さで前方に押し出されてしまうことにより、目袋のふくらみとなって目立ってしまうのです。
年齢が若いうちは、皮膚や筋肉によって押し出される力に対応できますが、年齢とともにそれらがゆるみ、目袋の膨隆を形成してしまいます。

30代以降で目立ってくる場合が多いですが、場合によっては10代、20代から症状が見られることもあります。

こうした症状に効果が期待できるのが、「下眼瞼脱脂術」です。脂肪除去によって、目の下のふくらみ、たるみ、クマ、くぼみなどを始めとするお悩みを解消する効果を期待することができます。
まぶたの裏側を切開して脂肪を摘出するため、皮膚表面に傷が残らず、抜糸の必要もありません。そのため、ダウンタイムを抑えることができ、手軽に目の下のふくらみなどのお悩み解消が期待できます。

こんな方にオススメです

  • 眼の下に影、クマができやすい
  • 目元が疲れている、とよく言われる
  • 年齢と共に、目の下のふくらみが大きくなってきた

施術の流れ

STEP 1 カウンセリング

患者様のお悩みやご希望などをカウンセリングで伺い、施術方法についてご提案させていただきます。

STEP 2 デザイン

患者様に座って頂いた状態でマーキングします。

STEP 3 麻酔

先に点眼麻酔を行った後、下瞼の裏側に局所麻酔を行います。(極細針を使用するので、痛みは最小限です)

STEP 4 切開

下まぶたを翻転(ひっくりがえす)し、結膜側の瞼板下端を切開をします。

STEP 5 眼窩内脂肪の除去

結膜を切開した後、丁寧に剥離していくと、眼窩内脂肪があふれ出てきます。
この時にしっかりと止血していくことで、術後の内出血を防ぐことが出来ます。適量の脂肪を摘出したら終了です。

症例

主なリスク、副作用等

腫れ

約3日程度(個人差あり)

傷跡

お顔の表面に傷は作りません

シャワー

当日より可能です。当日は目元を濡らさないようにしてください

メイク

アイメイク以外は当日から可能です

その他

腫れが心配な方は、当日サングラスやメガネ、帽子やマスクを持参してください。
コンタクトレンズを着用されてご来院される場合、コンタクトレンズを施術前に外して頂きますので、コンタクトレンズの保管容器及び保存液、眼鏡をご持参下さい。
腫れが強く出るリスクが上がるため、術後3日程度は運動や飲酒は避けて頂き、入浴もシャワー浴にして頂く方が無難です。

下眼瞼脂肪取り術の施術料金

施術 回数・部位 価格
下瞼脂肪取り(経結膜的下眼瞼脱脂術) 両目 165,000円
片目 82,500円

アクセス方法

気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

06-6318-7788

一般保険診療の方、自由診療でカウンセリングのみの患者様は、インターネット予約をご利用下さい。
自由診療でカウンセリングと施術を同日で希望される患者様は、お電話での予約をお願いします。

 電話でご予約